身長と遺伝の関係

身長と遺伝の関係について 遺伝するからと悲観する必要はありません

 

身長における遺伝の要素はとても大きいです。遺伝的に身長が低くなるであろう人には悲しい事実です。

 

しかし、両親が小さいからこそ、他の人たちより身長を伸ばすことに関して気にかけられるともいえます。
貧しい時代に育った今のおじいさんおばあさん世代は、今の子供たちと比べて凄く小さいですよね?

 

一世代二世代でそんなに一気に人間の体質は変わりませんので、栄養素が最終身長にも大きく影響している何よりの証拠です。

 

身長は遺伝する割合

 

身長に関して、遺伝が与える割合としては8〜9割とも2〜3割とも言われています。
身長と遺伝子の関係についてはまだまだ解明されていませんが、大きく影響を与えるという事実は本当です。

 

しかし、あくまで遺伝するのは高くなりやすいか低くなりやすいかです。

 

生活習慣も大きな影響を与えますので、身長が低めな人ほど他のことにも気にかけるべきです。

 

身長を低い遺伝子を受け継いでいても悲観する必要はない

 

身長が低い人にとって1センチの価値は大きいです。例えばですが、本来なら165センチまで伸びるところを170センチまで伸ばすという考え方をすれば良いです。遺伝的に背が小さい人が、生活環境だけで180を超えることはさすがに難しいです。

 

ですので、身長の伸びに影響を与える三つの要素「栄養、運動、睡眠」を意識して生活しましょう。
たとえ、両親は背が低くても、お子さんの身長が高くなるという例は多数あります。

 

必要な栄養素を摂り、十分な睡眠、運動を行えば、身長が伸びる可能性はアップします。

 

身長を伸ばすために必要な栄養素を多数含んだ長身サプリメントはこちら

小学生 中学生 高校生
小学生向けランキングはこちら 中学生向けランキングはこちら 高校生向けランキングはこちら

 

 

背を伸ばすには生活習慣を整えることが大切!

 

遺伝の影響が大きいのは仕方ないにしても、遺伝だけで全てが決まるわけではありません。
影響を与えるのは後天的な要素も大きいです。つまり、栄養、睡眠、運動です。

 

栄養にも、睡眠にも、運動にも気を配っているけれど、なかなか身長が伸びない場合、何か見落としていることがないかを考えましょう。

 

例えば、栄養のことを見てみましょう。十分に栄養を摂っているように見えても、バランスが悪く特定の栄養素が足りてないということも少なくありません。偏食していたり好き嫌いがあったりしないでしょうか。成長に必要な栄養素を補うためにサプリメントを取り入れるなどして工夫してみましょう。

 

また、睡眠の質はいかがでしょうか。質の高い深い睡眠が取れているでしょうか?背を伸ばすために必要な成長ホルモンはその9割が睡眠開始から3時間で分泌されます。寝つきが良く深い睡眠を取ることが大切です。

 

栄養、睡眠、運動のどれひとつでも全てを意識することが大切です。

 

身長が一番伸びる成長期は、親もきっちりとサポートしてあげるといいでしょう。

 

 

家庭環境も影響

 

栄養、睡眠、運動に加えて、家庭環境も身長に大きな影響を与えます。例えば、両親が不仲で喧嘩ばかりしてストレスを与えていないでしょうか。勉強しなさいと毎日しつこく叱ったりなど強ストレス下にいる子供は、身長が伸びにも悪影響があると考えられます。

 

ストレスを感じると、自律神経が乱れ睡眠の質が悪くなったり、身長を伸ばすために必要な栄養素を吸収する胃腸の調子も悪くなります。

 

ただでさえ、成長期というのは思春期で多感な時期です。精神的に不安定な時期ですから、子供に余計にストレスを与えないようにリラックスできる家庭環境を作ることが大切です。

 

身長が小さい場合、けなされたりしてストレスを溜めているかもしれません。子供を叱ることはもちろん大切ですが、自分の思い通りにコントロールしようとすることはやめましょう。ただでさえ反抗期ですから、さらに反抗がエスカレートしてしまいます。

 

受験などのストレスも相当なものです。子供の成長を応援して、見守るべきところは、ゆっくり見守ってあげてくださいね。

 

身長を伸ばすために必要な栄養素を多数含んだ長身サプリメントはこちら

小学生 中学生 高校生
小学生向けランキングはこちら 中学生向けランキングはこちら 高校生向けランキングはこちら
このページの先頭へ戻る